ホンカログホーム建築中!

只今建築中のログホーム、工事も順調に進んでおります。

佐賀県小城市に建築中のYさま邸
こちらはログ組立時の写真(昨年12月15日撮影)です。
e0100618_19385080.jpg

そして現在、すっかりお住まいの「かたち」が出来上がりました。
e0100618_19394389.jpg



一方、こちらは熊本県は南阿蘇に建築中のOさま邸も
1月20日に棟が上がり
e0100618_19423718.jpg

そして、Oさま邸も現在は
e0100618_19342693.jpg

Yさま邸、Oさま邸、それぞれお粧し中のため、今はまだその姿を皆さんにお見せ出来ませんが、
それぞれのログホームの「かたち」の中に、施主様と共に“想い”をたっぷり詰め込んでおります。
姿が露わになるのももう間もなくです。

・・・お粗末ながら、ブログ更新も頑張ります。

                                      最近調子出てきたサカモトです。
 
                                                 
[PR]

by forestblue_log | 2012-02-06 20:04 | 現場だより

春の完成に向けていよいよ工事が始まります!

さあ、これからいよいよホンカログホームの建築工事が始まります!

e0100618_19464971.jpgこちらは佐賀県小城市に建築のYさま邸キット部材。
フィンランドの工場を発つ直前の写真です。
只今すでに船でこちらへ向かっております!
e0100618_20335419.jpg キットの到着を待つ現地では先日(5日)地鎮祭が執り行われ、この日は生憎の雨模様の天気となったのですが、不思議なことに地鎮祭の最中だけは雨もピタッと止み、空も一緒に安全祈願を祝ってくれました^^



e0100618_20102042.jpg一方こちら、Yさま邸とほぼ同時期に、熊本は南阿蘇に建築されますOさまの建築現場でも先月一足先に地鎮祭を終えられ、キットの到着、着工を今か今かと心待ちにされております。
Oさま邸のキットはちょうど今頃フィンランドの港を出たところでしょうか、工場出荷時の写真もこちらにそろそろ届く頃です。
Yさま邸に追いつけ追い越せと言わんばかしにキットもやってまいります!
e0100618_211077.jpgOさま邸の建築場所は阿蘇くじゅう国立公園内とロケーションも素晴らしい所です。只今国立公園内での建築許可申請中で許可が下りるのを待つばかり!

Yさま、Oさまも楽しみにされているキット到着に向け、さあいよいよ着工です!


おや、Yさま邸の建築現場付近で何処からともなく私を呼ぶ声が・・・
e0100618_20392080.jpg
古代の人が住んでいた“ログハウス”を発見!

wrote:サカモト


[PR]

by forestblue_log | 2011-11-07 21:04 | 現場だより

ログファン集まる

本日はお隣の宮崎県より、
ログオーナーのTさまが職場のログファンの皆さんと共に森林浴へお出でくださいました。
皆さんそれぞれ、ホンカログオーナーさん、他社で建てられたオーナーさん、これから是非ログオーナーさんへ!と環境は異なりますが(ログファンに快適な住まいを作り上げる+強度に優れた「壁」はあれど)、変な境壁はございません。

森林浴が始まると早速、それぞれに思い描かれている、またこれから思い描くログライフについて聞かせていただいたり、カタログを広げ1棟目、2棟目?!を想像されたり、
Tさまが持参された建築当時の思い出の写真を見て改めて木のボリュームに驚き、その価値を実感したり、
今気になっていることをご相談いただいたりと、あっという間に時間が過ぎ、今日はまた大変有意義な時間を皆さんと共に過ごしました!!
皆さんの職場では普段から夕方になると自然と仲間が集まり、ログについて語る“ログファンのひととき”の時間があるとか。
Tさま達もお熱い!!

またこのような場が出来たらいいですね。
・・・最近イベントに悩んでおりますが、
まずはここ九州ならではのログファンの「つどい」をやりますかね!

同じくTさまのお友達でもあり、ホンカログオーナーの日南市Sさま、
次回はご一緒しましょう!

こちら、Tさま邸ログホームより一枚。
どうぞ皆さんもお涼みください。
e0100618_17485139.jpg

以上、一足早いFan Meetingの開催でした^^

wrote:サカモト


[PR]

by forestblue_log | 2011-07-23 19:33

メガソーラー見学

日頃よりお世話になっている業者さんから案内をいただき、
今よく耳にするLIXIL(リクシル)さんのここ熊本は長洲町にある有明(サッシ)工場内に今年1月に完成した、こちらも只今話題となっています“メガソーラー”を見学してきました。
e0100618_18565866.jpg
今日は絶好のソーラー発電&見学日和です!
ここ有明工場はロケーションも素晴らしく目の前には雲仙普賢岳がくっきりと見えます。
e0100618_18590100.jpgそのメガソーラーがこちら!
写真にも入りきれません・・・
それもそのはず、縦横約1mの太陽光パネルが20,280枚、発電出力3.75メガワット???ピンときませんが、なんと一般家庭の1,000世帯分にあたる電気を発電出来るそうです。
e0100618_18593728.jpg
ずっ~~と奥の方まで整列してパネルが並んでます。
まるでマンモス校の校長先生になった気分?!
e0100618_19333745.jpgその物凄い数のソーラーパネルが生み出す発電量を具体的に見てみると。
こちらはお昼前のデータですがご覧のような数値となっております。

しかしそれでも発電量は工場で使用している全電力の20%。
皆さんはどう思われますか?
電気を作り出すためには想像以上のエネルギーが必要なんだなと『電気』の有り難味をつくづく実感です。


wrote:サカモト


[PR]

by forestblue_log | 2011-07-14 20:30

薪ストーブ設置でCO2削減 補助金も出ます!

最近、国や各自治体等で、地球温暖化対策への取り組みとして
さまざまな補助金の話題が飛び交ってますが、
薪ストーブ設置においても、上限20万円の補助金が出るのをご存知ですか?

中には「木を切って燃やし、何が温暖化防止、しかも補助金まで」と
ご意見をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
確かにCO2は排出します。
しかし、実はどの暖房器具よりもCO2排出量は少ないのです!
参考としてこちらhttp://eco.goo.ne.jp/life/sho-ene/danbou/gs_02.html

また以下、MISAWA・internationalの三澤千代治氏のブログ(6/5)より引用させていただきますが、
「日本の森は、戦後植林されたものであり、約60年間にわたり、炭酸ガスを吸収してきました。しかし今後、炭酸ガスを吸収しなくなります。森の炭酸ガス吸収率は、生長期を100とした場合、80年経過すると20に減少してしまいます。したがって、私達は日本の森を伐採して活用し、その後、植林しなければならないという立場に置かれています。森を伐採すると環境が悪くなるとか、割り箸を使うと環境破壊に繋がるなどとよく誤解をされますが、森は使って新しくしなければならないのです。」

森を守るという本当に大切なことはここにあります。
森も循環して(させて)こそ活きる。
ホンカログホーム本国のフィンランドでは既に100年以上も前(1886年)から、
地球環境を守る活動が始まっています。

・・・話がちょっとスライドしてしまいましたが、
今回の補助事業も“森を循環させる”ことを前提に実施されています。
薪ストーブご検討の皆様、薪ストーブからエコ始めませんか。

~当社ログオーナーのログライフより~
http://blog.flyfishingcafe.com/?eid=792642#sequel

薪ストーブ補助金ついて、詳しくは当社までお問合せください。
*九州で設置予定の方に限ります。


wrote:サカモト


[PR]

by forestblue_log | 2009-06-29 18:17 | インフォメーション