こんな車好き兄弟を発見!

皆さん、こんにちは
今日、打合せに久留米に行ったのですが
そんな中で、雑談中に話題が車に移りまして
「そうそう山口さん、車見る?」
「是非!えっもしや、例の写真のやつ?」
「そうそう、じゃじゃーん」
e0100618_16374124.jpg

この曲線美 たまりません。型は古いらしいのですが
最近こんなボディラインの車って見なくなりましたよね。
オーバーフェンダーのラインがたまりません。
ガンメタリックカラーがしぶいー!
この車、ずっと前から欲しかったらしく、願いを叶えたらしいのです。
中は至ってシンプルでこんな感じです。
e0100618_16405683.jpg

それからこれは兄さんのでーす。
兄弟でもこうも嗜好が違うんですね。
e0100618_16431256.jpg

アメリカンです!ダッジ!決まってます!ホイールがいい!中がまたまた広い!
これって映画なんかで出てくるやつですかね?
e0100618_1650245.jpg

お二人とも車の話になると、またまた詳しくって
気持ちいいくらい楽しそうな顔をするんです。
なお、お二人とも同じような車種でのツーリング仲間を募集中だそうです。

別れて帰りながら密かに車計画を妄想する山口でした。
もちろんログホーム計画が先ですけど・・・ね。


wrote:yama


(株)フォレスト・ブルーのホームページもご覧ください!
各種資料のご請求お問合せ・ご相談はお気軽に。



皆さんのコメントがチカラになります♪ 右下の ”Comments”からどうぞ
コメント方法は、☆コメントの書き方について☆をご参照ください^^v


[PR]

by forestblue_log | 2011-11-11 17:07 | 山口’s

【木材用の不燃液 開発】 9/17日付 日刊工業新聞掲載

遅ればせながらのご報告です。

9/17日付の日刊工業新聞に記事が掲載されました。
e0100618_1927026.jpg


「不燃液」に関するご相談は、
(株)フォレスト・ブルー 環境事業部
TEL.096-281-7810まで。




《以下、掲載記事前文》

木材用の不燃液 開発
フォレスト・ブルー サンプル出荷開始

『【熊本】フォレスト・ブルー(熊本県御船町、本田安明社長、096・281・7810)は、木材用の不燃液を開発、サンプル出荷を始めた。木材に浸透させて不燃材にする。すでに熊本県外の木材加工メーカーから引き合いがあるという。木材の加工メーカーと提携して不燃材の製品化も目指している。サンプル価格は20リットルで2万1000円。

同不燃液は無機リン酸系の肥料などに使われている物質が原料。減圧して木材中の空気を抜き、加圧しながら不燃液を常温で注入する。樹木の中心部である心材にも注入できる。不燃加工後の塗装もしやすい。生産は化学メーカーに委託している。年4億円の売上高を見込んでいる。

木材1立方メートルを不燃材にする場合、不燃液500-600リットルを注入する必要がある。受注量が安定した本格販売の時期には、価格を半分程度に抑えたいとしている。今後は関東地区や東海地区の設計事務所や木材加工メーカー、住宅メーカーを中心に製品を販売していく計画。両地区では地震に伴う火災を防ぐことを目的とした不燃材需要が見込めると期待している。

同社はログハウスメーカー。2007年から事業の多角化を目的に木材用不燃液の開発に取り組んでいた。』

皆さんのコメントがチカラになります♪ 右下の ”Comments”からどうぞ
コメント方法は、☆コメントの書き方について☆をご参照ください^^v

wrote:ホンダ



(株)フォレスト・ブルーのホームページもご覧ください!
各種資料のご請求お問合せ・ご相談はお気軽に。


[PR]

by forestblue_log | 2009-10-06 19:41 | 山口’s