人気ブログランキング |

”ログハウス”に思うこと vol.04

人気blogランキングに参加中!1日1クリック応援お願いします♪
...............................................................................................

2007年7月発行 第23号掲載
~ログの『気密性』について~ 
 
近年、“高気密”をうたった住宅が当たり前のようになっています。
それは“すきま風”を無くして断熱性能を高めるという点では有効ですが、反面、換気が悪くなり揮発性有機化合物(VOC)や湿度対策としての“24時間換気システム”が必要になります。つまり、せっかくの高気密も、今度は“電気代を使って強制的に換気をしている”という矛盾もおこります。
これは今、問題・話題になっている省エネや、ロハスの面から見てもどうでしょう ?
 
ログハウスの場合は、もともと“高気密”ではありません。
ログ壁の重なり合った部分全体から若干の換気が取れています。
でもそれが、“すきま風”を感じたり、暖房性能が落ちるようでは困ります。

また、ログハウスにとって気密性の面で、
脅威となるのが台風です。(特に近年の台風)

雨水が溜まった外部ログ壁に強風が当たると、内部が負圧(気圧の
低い状態)になり、雨水を吸い込むような状態で、わずかな隙間からでも漏水が起きてしまいます。これは、ログハウスに限ったことではありませんが、特にログハウスでは重要な問題となります。

私どもホンカグループでは、新しいシーリング材と施工方法を
開発して、この『適度の換気』と『台風対策』に取り組んでいます。      


wrote:ホンダ

(株)フォレスト・ブルーのホームページもご覧ください!


皆さんのコメントがチカラになります♪ 右下の ”Comments”からどうぞ


by forestblue_log | 2008-06-08 15:56 | ホンダ’s